筋肉痛は老いると遅くなる?

筋肉痛は年齢を重ねるにつれ2日後あるいは3日後に現われる。 といいますが、実際はどうでしょうか?

【筋肉に傷がつく → 痛みの物質が発生する → 脳に伝わる】

現在分かっていることは、筋肉に負荷を掛けた際に微細な傷を作ってしまいます。 このときに炎症がおこり発痛物質である「ブラジキニン」「セトロニン」「ヒスタミン」「プロスタグランジン」が発生し筋肉の外膜である「筋膜」を刺激して脳に痛みを伝えます。

そのため「遅発性(ちはつせい)の筋肉痛」というものが起こります。

つまり年齢に関係ないということになります。

社団法人 大阪府柔道整復師士会

  • Facebook

Copyright © 坂東接骨院 | 堺市堺区 | 各種健康保険取扱い. All rights reserved.